政策 ~中野を一番輝く街に!~

住みたい街・住んでよかった街、一番に

地元商店街・地域経済の活性化、オリンピック・パラリンピックを見据えた街のバリアフリー化、育児環境支援に取り組んで、定住率一番に!

住みたい街・住んでよかった街、一番に かつて「住んだらよかった街一番」になった中野。都心にアクセスし易い好立地と、生活の利便性に優れた中野は、転入人口が多い一方で転出も多く、なかなか「定住」には結びついていません。私がこの街で育ちこの街を故郷にしているように、ここに定住し、この街を故郷にしたい!と思って下さる区民を増やします。

シニアが生きがいを・子供が夢を持てる街、一番に

医療費・介護費用に対する備えを。健康増進団体施設利用の際の補助、地域でシニアと子供の交流を深める施設・企画を推進し、健康寿命を一番に!

シニアが生きがいを・子供が夢を持てる街、一番に 「健康寿命」とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を意味します。平均寿命が男女ともに80歳を超えたのは大変喜ばしい事ですが、健康寿命と平均寿命の差(日常生活に制限のある期間)が10年あり、今後は健康寿命をいかに延ばすかが課題です。元気なシニア世代が生きがいを持ち、健康を維持することで、その英知や経験を次世代へ引き継いで頂ければ、子供達も大きな夢を持つようになります。

安心・安全な街、きれいな街、一番に

犯罪防止のため、ソフト面とハード面からの拡充を。大災害時に備え、中野災害時士業連携協議会(仮称)を推進し、安心・安全一番に!

安心・安全な街、きれいな街、一番に 犯罪抑止力の一つに「地域住民同士の連携がとれている」という事があります。地域住民が互いに助け合うソフト面と、防犯カメラ、暗闇のない路地裏等インフラ整備といったハード面の充実をバランスよく推進します。
 大災害においての最優先課題は人命救助です。その後に発生する財産の法的整理に際して、士業※が一つの窓口で相談を受け付けられる体制(中野災害時士業連携協議会(仮称))作りを法律家として提言します。※(弁護士・司法書士・税理士・公認会計士・社会保険労務士・行政書士・宅建士等)

女性が活躍する街、一番に

保育環境整備、女性が起業する際の資金補助や家賃補助、女性が輝ける街、一番に!

女性が活躍する街、一番に 私自身、4姉妹の育児中です。専業で育児をするという事は女性が輝く姿であります。一方で子供をもつ母親にとって職場復帰するという事がいかに大変かを実感します。中野区は出生率が23区の中で下から2番目です。待機児童・病児保育などの保育環境の問題、妊娠・出産に付随する金銭負担、また、キャリアが中断することによる職場復帰のむずかしさを地道に改善することで、女性が活躍する場を増やします。


コメントは停止中です。